MENU

歯周病対策!まず症状を知ることから

歯周病対策 とは

歯周病とは、成人のおよそ8割が罹患しているお口の病気です。歯周病になると、

 

・口臭

 

・出血

 

・痛み

 

 

などの原因にもなるのでしっかり予防をしなければなりません。

 

歯と歯茎の隙間には平均で2〜3ミリの歯周ポケットとよばれる溝があります。お口の中の汚れが原因でそこに細菌(プラーク)がたまり悪化すると、歯茎が腫れて炎症を起こしたり、出血をしたりします。

 

高齢者に入れ歯の人が多いのは、老化によって歯が抜け落ちるのではなく、主にこの歯周病によって歯の骨がとけ、抜け落ちてしまうことが原因といわれています。

 

虫歯は歯磨きをしなくても、予防をしたりケアをしたりすることができますが、歯周病はしっかりと歯ブラシで歯磨きをして汚れをとらなければいけません。

 

歯周病の主な症状

歯周病 対策 症状

歯周病は、サイレントディジーズといわれているように、罹患していても自覚症状がない場合が多いのが特徴です。放っておくといつのまにか進行していて手遅れになることもあります。

 

分かりやすい症状のサインとしては、

歯磨きをするときに出血をする
固いものを食べたときに出血をする
口臭がする
食べ物にしみる
歯茎が痩せて、歯が伸びて見える

などです。

 

最終的には、歯茎が膿んできたり、触るとグラグラとゆれるようになります。ここまでくると、もうすでに歯の骨が溶けていることもあり、自然と抜け落ちる場合もあります。

 

歯周病対策のカギは『こまめな歯磨き』

歯周病 対策 歯磨き

歯周病の予防法は単純で、こまめな歯磨きです。食事のあとには歯についた汚れをしっかりと落とすことや、歯磨きをするときには歯の表面だけではなく、歯茎にも軽くブラッシングをすることが大切です。

 

定期的な歯科検診を受けたり、歯磨き指導を受けることも大切です。本人には自覚症状がなくてもすでに歯周病になっていることもあります。初期ならば、通院で早く治すことも可能です。予防をしたり、すでにかかっている場合には、早期発見がポイントです。

 

歯の表面だけではなく、フロスなどを利用して歯と歯の間も磨くようにすることで、歯周病の原因となるプラークを取り除くことができます。

 

歯磨き粉+αでプラーク対策

歯周病 対策 成分

歯磨き粉だけでも正しく丁寧に磨くことで歯周病予防ができますが、より対策を行うのであれば+αのケアが効果的です。

 

歯磨き粉を色々と変えても効果が出なかった場合は、歯磨き粉だけでは成分が不十分だった可能性もあります。そもそも歯磨き粉で全て予防できるのであれば、歯周病はここまで広がりません。プラーク予防に効果的な成分としては、

 

歯石の沈着を防ぐもの

ピロリン酸ナトリウム、ポリリン酸ナトリウムなど

 

殺菌成分

IPMP(イソプロピルメチルフェノール)、CPC(塩化セチルピリジニウム)など

 

歯を守る成分

ハイドロキシアパタイト、ポリリン酸ナトリウムなど

 

が挙げられます。これらの成分を含んだデンタルケア用品を選んでみましょう。
歯周病対策ランキング

ホワイトニングジェルで美白と歯周病予防

歯周病を気にしない女性

歯周病の効果的なケア方法として、ホワイトニング剤が注目を集めています。ホワイトニングには

 

プラークに効果的な成分が配合されている

 

・着色汚れが落ちるので口臭予防になる

 

・ホワイトニングすることで磨き残しが減る

 

 

といったメリットがあります。歯が白くなると嬉しいので、自然と歯を磨くのも丁寧になるようですね。毎日の歯磨きに取り入れるだけという手軽さで人気に火が付き、種類も徐々に増えています。

 

 

歯周病対策 ちゅらトゥース

ちゅらトゥースの特徴

歯周病を引き起こすプラークの原因である、ステインや汚れを強力に浮かせて除去。研磨剤を使わない安心設計

特別モニターコース申し込みで、初回購入時にホワイトニング用のワンタフト歯ブラシプレゼント

評価 評価5
備考 口トラブルの多い沖縄で生まれた、医薬部外品ホワイトニングジェル
ちゅらトゥースの総評

ポリアスパラギン酸、リンゴ酸、ビタミンCの力でこびりついた色素を浮かせて落とす。さらに新成分GTOの効果で虫歯リスクを減らす。歯周病を予防し健康な口内へ

1日2回の使用、わずか133円で始められるホワイトニングジェルで真白な歯に

 
 

歯周病対策 薬用パールホワイト

薬用パールホワイトの特徴

歯磨きの後にパールホワイトを歯ブラシに垂らし、丁寧に磨くと美しく白い歯に近づけます

定期コース申し込みでホワイトニング専用の歯磨き粉・歯ブラシを毎回プレゼント

評価 評価4.5
備考 芸能人やモデルにも愛用者が多い人気ホワイトニングジェル
薬用パールホワイトの総評

リンゴ酸・メタリン酸・ポリリン酸がステインや歯の汚れを撃退。薬用成分IPMPの効果で歯周病菌を強力殺菌

くみっきー(舟山久美子さん)をはじめとして、芸能人の愛用者がいることでも知られています

 
 

歯周病対策 レディホワイト

レディホワイトの特徴

いつもの歯磨き粉の代わりにレディホワイトを使うだけ。毎食後の歯磨きが楽しくなるホワイトニング効果

都度購入なら60日間の全額返金保証付き。定期でなくても良いので安心してお試しできます

評価 評価4
備考 コーヒー・紅茶が大好きな女性必見!2トーン明るい輝く歯に
レディホワイトの総評

歯の色素沈着に効果的なポリアスパラギン酸、リンゴ酸、アスコルビン酸のトリプルパワーで汚れを除去。再付着もさせません白く頑丈な歯へ

1日10分、使うほどに白さと爽やかな息を実感できます

 

 

歯周病の原因は『プラーク』

歯周病 対策 プラーク

歯周病は日本人が歯を失ってしまう主な理由です。一度かかると自然には治らないため、治療が必要になります。しかし初期の段階では痛みなどの自覚症状がないので、知らない間に症状が進行してしまいます。

 

歯周病の原因はプラークと呼ばれます。ネバネバしているため適当に歯を磨いたのでは取れにくく、白や黄色のプラークが残り、石灰化してしまうと歯石になります。

 

私たちが毎日歯を磨くのは、このプラークを落とすのが目的と言っても過言ではありません。プラークはきちんと歯を磨けば落とすことができますが、歯と歯の間や、歯茎との境目など毛先が届きにくいところに多くできます。

 

プラークってどんなもの?

歯周病 対策 プラークとは

お口のトラブルの原因

歯についた汚れがプラークだと思っている人が多いですが、それは間違いです。細菌と、細菌の代謝物の塊のことです。白や薄い黄色をしていて、ネバネバしているのが特徴です。1mgには1億個もの細菌が存在していて、歯周病だけでなく口臭・虫歯の原因にもなります。

 

すき間に溜まる

歯の表面はツルツルしていて、口の中には唾液もあるので通常の細菌はすぐに洗い流されてしまいます。しかし、歯茎と歯の境目などの歯ブラシが届きにくく、唾液の流れも悪い所ではどんどん増殖してしまいます。

 

最後には固まり、歯石になる

歯の表面に付着しているため、うがいでは取り除くことができません。歯ブラシを当てて擦れば落とすことができますが、放置していると唾液中のカルシウムと結合して固い歯石になってしまいます。

 

プラークを溜め込みやすい人

生活習慣や環境、精神状態、年齢が口内環境に影響することもあります。特に免疫力が低下すると細菌を抑える力が弱まるため、対策をしなければいけません。プラークを溜め込みやすい人は、このような特徴があると言われています。

 

生活習慣が乱れている

歯周病 対策 生活習慣

睡眠不足、偏食は口内の免疫力を低下させます。歯磨き習慣も乱れがちで、プラークが増殖します。またストレスは唾液の量を減らし、歯周病菌の増加リスクが高まります。

 

喫煙をしている

歯周病 対策 煙草

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させるため、免疫力が落ちます。またタールは非常に粘性の高い脂で、歯に付くと色素沈着を起こし、落とすのが難しくなります。

 

太っている

歯周病 対策 肥満

内臓脂肪は、体の隅々まで炎症性の物質を送り出します。歯周病は炎症によっておこるため、歯周病の悪化を招きます。また太っている人は噛む回数が少ないと言われ、唾液の分泌が少ない傾向があります。

 

年齢を重ねている

歯周病 対策 加齢

年齢とともに免疫力はどうしても落ちてしまいます。すると歯周病リスクが高まります。高齢の方に入れ歯が多いのは虫歯ではなく、歯周病により歯が抜け落ちたことによるものが多いのです。

 

歯周病は体質や病気も関係する

歯周病 対策 病気体質

歯周病は、遺伝や血圧も関係します。歯周病になりやすい体質は遺伝しますし、歯周病を引き起こす細菌は血液中に入り込み、全身に回っていることも分かっています。
・動脈硬化

 

・心臓病

 

・糖尿病

 

といったリスクにも繋がり、全身の健康に悪影響を与えます。相互作用で歯周病が悪化してしまうことも珍しくありません。

 

高血圧のために服用する降圧剤の中には、歯茎を増殖させてしまう副作用を持つ薬があります。歯肉増殖症と呼ばれ、歯茎が増殖しているところに細菌が入り込み、プラークを多く作ることで歯茎の腫れが進行していきます。

 

自分ではなかなか気づきにくい病気なので、定期的に歯科医院で検診を受けるようにしましょう。

 

日頃のケアが歯周病を防ぐ

歯周病対策歯

歯は毎日使うものです。変化に気付きにくい部分だからこそケアを忘れてしまいがちですが、自覚症状が現れてからではすでに症状が進行している場合が多いです。

 

そのため、毎日の歯磨きが歯周病対策には最も重要です。歯磨きは虫歯対策だけでなく、口の中のトラブル全般を予防してくれます。隅々まで磨き残しのないよう、丁寧に磨いてあげましょう。

 

併せて、歯医者さんで指導を受けたり、歯磨き粉+αのケアグッズを使うことでさらに歯周病リスクを減らすことができます。どれも手軽に始められるものばかりですから、できることから始めてみましょう。

歯周病 対策 笑顔

予算や時間に合わせて、毎日できるケアで歯を守りましょう!

 

▼歯周病ケア+歯の美白No.1▼

歯周病対策 歯磨き粉 ちゅらトゥースボタン